ゼロ・エネルギー住宅(ZEH)に最適な断熱材

ゼロ・エネルギー住宅がこれから当たり前の時代に

パリ協定(COP21)の締結により、日本は2030年までに-26%(2013年度比)という温室効果ガスの削減目標を掲げました。
特に家庭部門では-39%(2013年度比)と大幅に削減する必要があります。また、東日本大震災以降のエネルギー需要の逼迫や建築部門のエネルギー消費量の著しい増加により、省エネ対策の抜本強化が必要不可欠になっています。我が国では、「第4次エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」とする政策目標を設定し、今後より一層建物の省エネ化が進むと予想されます。

ZEHの定義・制度の拡充

ZEH(ゼッチ、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住宅の高断熱化と設備の高効率化により省エネルギーを実現し、また太陽光発電等でエネルギーを創出することで、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅です。
ZEHを普及促進するために、平成24年度から推進事業が導入され、毎年行われております。平成30年度からは更に普及促進をはかるため、ZEHの定義・推進事業が見直され、また、ZEHビルダー/ZEHプランナー(※)評価制度が始まりました。

※ZEHプランナー:平成30年度から設計事務所向けに名称追加

  1. より高度な『ZEH+』『Nearly ZEH+』を新設
  2. 都市部狭小地向けに『ZEH Oriented』を新設
  3. 『Nearly ZEH』に低日射地域、多雪地域を追加
  4. ZEHビルダー/プランナー評価制度の開始

など

ZEHシリーズの概要

対象地域 一般地域 寒冷地※1
低日射地域※2
多雪地域※3
(主に北海道、日本海側、山間部)
断熱ガス
ZEH
所轄:環境省
RO値※5:20%以上
UA値:ZEH基準
ZEH
(ゼッチ)
拡大
Nearly ZEH
(二アリー ゼッチ)
新規
ZEH Oriented
(ゼッチ オリエンテッド)
ZEH+
所轄:経済産業省
RO値※5:25%以上
①〜③の内2つ以上採用
①UA値:ZEH+基準
②高機能HEMS
③電気自動車コンセント
ZEH
(ゼッチ)
拡大
Nearly ZEH
(二アリー ゼッチ)
新規
ZEH Oriented
(ゼッチ オリエンテッド)
全発電分をふくめた
一次エネルギー
消費量削減率
(R値)
100% 75〜100%未満 発電設備がなくてもよい
  1. 寒冷地:1地域・2地域。従来のNearly ZEH対象地域
  2. 低日射地域:年間日射地域区分 A1地域・A2地域
  3. 多雪地域:告示別表における垂直積雪量100cm以上の地域
  4. 都市部狭小地:北側斜線制限の対象地域となる地域であって、敷地面積が85㎡未満の土地。平屋建ての場合を除く
  5. R0値:発電分を除いた一次エネルギー消費量削減率

地域区分別のUA基準値 (単位:W/(m2・K))

地域区分
主なエリア
1
北海道
2
北海道
3
北東北・山間部
4
南東北・山間部
5
関東~九州
6
関東~九州
7
南四国・南九州
建築物省エネルギー基準0.460.460.560.750.870.870.87
ZEH基準0.400.400.500.600.600.600.60
ZEH+基準0.300.300.40
0.40
0.40
0.500.50

4・5地域は、当分の間、0.50以下に緩和

ZEHビルダー/ZEHプランナー評価制度の概要

ZEHの推進事業を利用するためには、『ZEHビルダー/ZEHプランナー』に登録する必要があります。登録する要件は、2020年度までに供給戸数の50%以上とすることを目標とし、各年の普及目標の設定と実績報告が必要となります。また、ZEHについてや、ZEHビルダー/ZEHプランナーであることと普及目標・実績をHP等を通じて広く啓蒙することを求められています。平成30年度からはZEHビルダー/ZEHプランナーを下記の5つの取り組みに対して★1~★5で評価する制度が始まりました。の数が多いと補助制度でも優先的に採択され、特に★5の住宅会社はZEHビルダー/ZEHプランナー一覧のHPの中で★5であることが表示されます。供給する住戸の外皮性能・一次エネルギー消費量の評価がますます重要となってきます。

評価項目

  • 前年度のZEHビルダー/ZEHプランナー実績報告を行っている。
  • 前年度のZEHビルダー/ZEHプランナー実績及び各年のZEH普及目標・実績を自社ホーページのトップまたは、それに準ずるページにて表示している。
  • ZEHビルダー/ZEHプランナーとしてZEHシリーズの建築実績を有する。
  • 前年度のZEH普及目標を達成している。又は、年間に供給する住宅の過半以上がZEHシリーズとなっている
    • ZEHビルダー/ZEHプランナー実績報告の際にZEHシリーズのUA値、並びにエネルギー消費削減率の分布を報告している。
    • 2020年までに自社で建設する全物件へのBELS表示*を目標に掲げ、毎年度、自社物件のBELS表示割合について報告する。又は、国土交通省地域型住宅グリーン化事業における「BELS工務店」として登録を受けている。

    * BELS:建築物・住宅の省エネ性能を第三者機関が評価・表示する制度。ZEHの推進事業で申請する際に必須。

参考リンク

ゼロ・エネルギー住宅実現に向けて

ゼロ・エネルギー住宅とは

快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備により出来る限りの省エネルギーに努め、太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、1年間で消費する住宅のエネルギー量が正味で概ねゼロ以下となる住宅

ゼロ・エネルギー住宅実現のためには以下の3つのSTEPが理想です

ステップ1躯体の高断熱化

エネルギーを極力必要としない
(夏は涼しく、冬は暖かい住宅)

  • 断熱は設備と違い、建築後に性能を高めるのは難しいため、最初が肝心
  • 高断熱化することで空調の省エネにもつながり、住み心地もより良いものに
ステップ2高効率設備の導入

エネルギーを上手に使う

  • エアコンや給湯器などで省エネ性の高いものを導入
  • 20%以上省エネが必要
ステップ3太陽光発電で創エネ

エネルギーを創る

  • 不足分を創エネで補い、エネルギー消費量±0以下に
ゼロエネルギー住宅のステップ

ゼロ・エネルギー住宅のメリット

トータルコストでお得!

  • 断熱性が高いので、冷暖房費を大幅に削減
  • 断熱工事費と冷暖房費のトータルコストではZEHがお得
  • 太陽光発電システム等の創エネルギー設備の搭載により売電も可能
断熱工事費+30年間の暖冷房費のグラフ

快適で健康に良い!

  • 高断熱な家ほど健康改善が高く、各種疾患に有効
  • 室内の温度差が少ないので心臓発作や脳卒中を引き起こす「ヒートショック」のリスクを軽減
  • 部屋ごとの温度差・空間の上部と下部での温度差が少なく快適

転居後の住まいでの症状改善率

転居後の住まいでの症状改善率グラフ
改善率とは転居後に症状が出なくなった人を転居後に症状がでていた人数で除したもの。高断熱な家ほど症状改善率が高い結果に!

フェノバボードはZEHに最適

柱や大引きなどの構造躯体の寸法を変えることなく躯体の高断熱化に対応する為には、より高性能な断熱材が必要です。フェノバボードは熱伝導率が0.019W/(m・K)と業界最高レベルの断熱性能を有して最薄設計が可能なため、ZEH化に最適な断熱材です。

フェノバボードを使用した充填断熱工法(木軸工法)
充填断熱工法の壁部位・床部位比較

ZEHのUA値計算をサポートします

フクビ化学では、熱伝導率0.019W/(m・K)そして性能が長期持続するフェノバボードの特性を活かし、躯体の断熱性能を向上させ、イニシャルコストが高く、定期的にメンテナンスが必要な設備機器や創エネ機器にあまり頼らない、そして構法・断熱工法を大きく変えない、ゼロ・エネルギー住宅の設計・仕様検討をお手伝いいたします。

ページトップへ