フェノバボードウチコミD・DH

  • RC造
  • 天井

型枠同時打設可能なフェノバボードです。型枠工事と同時に断熱工事が出来るため工程削減につながります。(接着剤、ビス等の機械式固定による使用も可能です)

フェノバボードウチコミD・DH製品図

製品構成図

フェノバボードウチコミD・DH製品構成図

高断熱で最薄設計

  • 段差なく施工することが可能
  • 居室が広く利用可能
  • コンクリートの増し打ち量を削減

断熱補強部位(熱抵抗値0.6m2・K/W)の納まり比較

断熱補強部位の納まり比較図
  • 熱抵抗値0.6m2・K/Wにおける断熱材厚み比較。
    建築物断熱用吹付け硬質ウレタンフォームA種1(λ=0.034W/(m・K))、硬質ウレタンフォーム保温板2種2号(λ=0.024W/(m・K))、
    フェノバボードウチコミDH(λ=0.019W/(m・K))にて計算。

燃えにくい素材

  • 燃え広がりにくい素材
  • 溶接火花による火災リスク低減

発泡プラスチック系断熱材の酸素指数

発泡プラスチック系断熱材の酸素指数比較図

消防法では制限酸素指数が26%以上のものは不燃性・難燃性を有するとされ、それ未満のものは指定可燃物扱いとなります。

火花による燃焼試験

火花による燃焼試験結果画像

燃焼時に表面が炭化するだけで燃え広がりにくい性質を持っています。

商品規格

フェノバボードウチコミD

サイズ
mm

mm
コード設計価格
円/枚
梱包内容
熱抵抗値
m2・K/W
3×6板
910×1820
21JH21NH6,20071.1
30JH30NH7,90061.5
40JH40NH10,90042.0

フェノバボードウチコミDH

サイズ
mm

mm
コード設計価格
円/枚
梱包内容
熱抵抗値
m2・K/W
450×182012JH121H2,540100.6
450×273012JH122H4,000100.6
910×182012JH12NH5,000100.6
450×182015JH151H3,400100.7
450×273015JH152H5,200100.7
600×273015JH153H4,900100.7
15JH154H7,600100.7
  • 設計価格はフェノバボード1枚あたりの単価です。(税別)
  • 発注は梱包単位となります。
  • 5梱包未満の発注の場合は、別途運賃として5,500円申し受けます。(税別)
  • 熱抵抗値はJIS A 9521の規定された計算方法によるものです。
  • 熱抵抗値脇にのあるものは、熱伝導率0.020W/(m・K)の製品です。
  • コード脇にのあるものは、受注生産品です。
  • その他サイズは最寄りの営業所にご確認ください。

副資材

呼称対応断熱材厚さ
mm
コード設計価格
円/ケース
梱包内容
断熱アンカーセット
フェノバボード21mm以下用JQ452110,000500本/ケース
フェノバボード30mm用JQ553012,000500本/ケース
フェノバボード40mm用JQ654013,000500本/ケース

施工例(スラブ)

内装制限がかかる場合

例:屋内駐車場の天井スラブ下に断熱材を施工する場合

吊天井等で仕上げる場合

吊天井等で仕上げる場合の吊天井等で仕上げる場合

吊天井等で仕上げる場合

吊天井等で仕上げる場合の吊天井等で仕上げる場合

施工例(断熱補強部位)

施工例(断熱補強部位)画像
施工例(断熱補強部位)イメージ

構造熱橋部における断熱補強の基準

内断熱工法 地域区分
1,2 3,4 5,6,7 8
内断熱工法 断熱補強範囲 mm 900 600 450
熱抵抗値基準値 m2・K/W 0.6
外断熱工法 断熱補強範囲 mm 450 300 200 200
熱抵抗値基準値 m2・K/W 0.6

納まり

納まり等はこちらよりご確認ください。

ページトップへ